産業用逆浸透膜浄水装置

■飲食店・理美容店様から、各種製造業様まで必要量に応じたラインナップをご用意しております。
■タンク等、周辺パーツは、お客様の用途に応じて幅広いバリエーションからお選びいただけます。

動植物の細胞膜は半透膜と呼ばれ、溶媒(純水)のみを通過させ、溶質(不純物)を通過させないという性質をもっています。この特性を応用したのが、逆浸透膜浄水システムです。

​●逆浸透膜の原理

●幅広い分野で活躍する逆浸透膜

逆浸透膜の歴史は、1950年代のアメリカにおいて、将来の水不足解消のために、海水淡水化の研究開発に多額の国家予算を計上されたことに端を発します。 日本では、1970年代に技術導入され、商品開発が進められてきました。 海水淡水化プラント、医療分野での無菌純水製造や、工業分野での純水製造、飲料メーカーや食品工場など、幅広い分野で逆浸透膜が活躍しています。

 ますます身近になった逆浸透膜 逆浸透膜で浄水された水は、どのような小さい有害物質も除去されているという安心感から、保育園や幼稚園、学校や病院。大型スーパーの店頭での浄水サービス、今では一般のご家庭向けの宅配ボトル事業でも人気を呼んでいます。

グッドハーモニー株式会社

映像制作プロデュース事業 | 安心快適な水環境事業

【本社】〒550-0013 大阪市西区新町1丁目8-1行成ビル5階-F


Email:info@good-harmony.com

Copyright©グッドハーモニー株式会社. All rights reserved.

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon